アドバイスをもらうために

税理士の得意ジャンル

相談したい内容を整理

税理士に相談する前に、内容を整理してください。
こちらの説明が支離滅裂だと、優秀な税理士でも理解できません。
トラブルを解決できず、悪化する危険性があるので気を付けてください。
税金の種類に関して教えてもらっても良いですし、節税のポイントを聞いても良いでしょう。

特に会社を経営している時に、様々な税金が発生します。
税金について詳しく知っていないと納税できませんし、高額な税金が発生する可能性があります。
工夫すれば節税できるので、経費を削減するためにも良い方法を税理士から聞いてください。
その場合は、会社の経営に携わった経験が多い税理士を選びましょう。
話をスムーズに進めるためにこれまでの決算書などを見せて、アドバイスを聞いてください。

ホームページをチェック

気になった税理士がどのような内容を得意としているのか、知りたい人が多いと思います。
その場合はホームページを見ることで、簡単に情報収集ができるので安心してください。
得意ジャンルを調べ、さらに連絡先や事務所の住所などにも目を通しておきましょう。
いきなり税理士に会うことが心配な人は、1回電話をかけるのが良い方法です。

その時の対応で、税理士が信頼できる人なのか見極めてください。
相性の良し悪しも、そこでわかると思います。
相性が良くない人だと、話が通じなかったり、間違って相談内容を解釈されたりすることが多いです。
特に目立った問題はないけれど、何となく違和感を抱く時は相性が悪いと思って、他の税理士を探しましょう。


▲ TOPへ戻る